性病検査をすることの必要性や費用~性病拡大ストップ~

保健所での流れ

医者

性病の中でも特に注意しておきたいのが、HIVです。HIVに感染して、エイズを発症してしまうと、どんどん免疫力が低下していきます。そのため、普通の人ならかからないような病気にかかってしまったり、合併症を引き起こしたりするのです。エイズを発症しないためには、HIV検査を行ない、早期発見早期治療を行なうことが大切なのです。HIV検査は全国の保健所で、無料で行なうことができるので、不安に思う人はHIV検査をしたほうが良いです。保健所でHIV検査をするっためには、まず電話で予約を行なう必要があります。匿名でHIV検査ができるので、住所や名前などを伝えることなく予約することができます。予約した日に保健所に行ったら、担当の人と2社面談を行ないます。それから5ccほどの血液を採取して、HIVの抗体検査を行ないます。検査結果は1週間~10日程度かかりますが、即日検査をしてくれる保健所もあります。院制だった場合は、HIVを予防するために指導してもらうことができます。陽性だった場合は、スクリーニング検査をして、さらに詳しく調べていきます。このような流れで、保健所でHIV検査を行なうことができます。

HIVの抗体というのは、感染してから4週間~12週間ほどで検知することができます。つまり、感染してからすぐに検知できるというわけではないので、HIV検査をする際は注意したほうが良いです。感染したかもしれないと思った日から、3ヶ月以降経過したタイミングでHIV検査をしたほうが良いです。不安に思うと、すぐに検査したくなるものですが、3ヶ月以降に検査をしたほうが、確実に調べることができます。保健所以外でも、病院でHIV検査を行なうことができますし、検査キットを使って自宅で血液を採取することもできます。